東京人の旅行記~練馬区在住~

東京練馬区在住です。休みの日には家族でドライブ(小旅行)に出掛ける事があります。父母は花が好きで、よく付き合っております。僕は花より団子、食べる方が好きです(汗)。家族でドライブに出かける時は、うどん、そばをチョイスする事が多いです。バス旅行に行く事もたまにあります。練馬区から行ける場所の旅行記です。出会ったおススメを紹介します。旅行先はまず間違いなく国内です。お楽しみ下さい。

カテゴリ: 箱根

デイケアでのバス旅行
病院に8時半に集合
点呼をとり
8時40分にはバスに乗り込む
真鶴まで約3時間の道のり

11時50分
ケープ真鶴へ

2019-05-29 12.02.55●
貝の博物館は外のショーケースの写真だけ撮った

2019-05-29 12.01.04●
中に入るにはアンケートに答えれば無料とか言われたが、
あまり時間も無かったし
そんなに興味も無いし
パス
海辺を写真の収める

2019-05-29 11.53.40●
2019-05-29 11.58.06●
お土産を買い移動
すぐ近くの飲食店
12:30
しょうとく丸へ
2019-05-29 13.10.33●

バス旅行団体での利用なので、
料金は知らない

ちなみにデイケアでのバス旅行で、
真鶴に来るのは2回目
前回はすぐ隣のうに清だった
2軒ともバス旅行団体客を収められる
キャパの持った優良店である

刺し身盛り沢山の料理だった
2019-05-29 12.39.47●
刺し身は新鮮
ご飯おかわり自由
それは団体客のみかもしれないけど

数種類の刺し身
満喫しました。

正直な話、
そこまで美味いかと言われると微妙
魚料理大好きで、
グルメで食通の先輩に言わせても
そこまで美味しくないと言っていました

僕的にはこの日に備えて、
腹を空かせてしたので、
ご飯おかわり自由で満足しました。

何より素晴らしいのが、
店舗外の海辺の景色
これを見るためにこの店を選んでも良いのでは
隣のうに清でも同じ景色を見れますけどね

s-2019-05-29 13.17.20●
13:30
バスで移動
14:20
十国峠へ
ケーブルカーで上へ

s-2019-05-29 14.25.15●
こんな物もある

s-2019-05-29 14.30.43●
雲がなければ富士山が見えるが
今日はダメ
まぁ今日の天気で雨に降られないだけラッキーだ

s-2019-05-29 14.28.30●
s-2019-05-29 14.27.58●
ケーブルカーでここを下る

s-2019-05-29 14.48.42●
15:10
バスで移動
15:30
箱根関所へ

s-2019-05-29 15.43.34●
ここは見応えあった

s-2019-05-29 15.36.57●
s-2019-05-29 15.38.42●
s-2019-05-29 15.38.51●
s-2019-05-29 15.40.26●
s-2019-05-29 15.40.51●
s-2019-05-29 15.42.23●
s-2019-05-29 15.42.31●
何より土産物が充実している
値段は高いが、
寄木細工と言うからくりの箱があり、
爪楊枝が飛び出す小箱を買った
16:30
帰路に
バスで移動
帰りも3時間弱かかる
19:15
病院近くにバス停車
お礼を言い病院へ戻る
夕食に弁当が用意されている
食べながら今日の感想を言う
19:50
デイケアバス旅行終了
帰路に

箱根へ
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
 近くの料理店「うに清」で昼食(肝心のうにの写真を撮るのを忘れました。ごめんなさい。)
 vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
うに清の外も良い景色
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
 移動し十国峠へ。ケーブルカーで登る。素晴らしい景色。
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_832x624
 有名土産物店「鈴なり」で買い物
vcm_s_kf_repr_832x624
vcm_s_kf_repr_624x832
 満喫した良い旅でした。


 

このページのトップヘ