東京人の旅行記~練馬区在住~

東京練馬区在住です。休みの日には家族でドライブ(小旅行)に出掛ける事があります。父母は花が好きで、よく付き合っております。僕は花より団子、食べる方が好きです(汗)。家族でドライブに出かける時は、うどん、そばをチョイスする事が多いです。バス旅行に行く事もたまにあります。練馬区から行ける場所の旅行記です。出会ったおススメを紹介します。旅行先はまず間違いなく国内です。お楽しみ下さい。

10:45

家族全員、父母姉僕の準備が整う

車で出発

まずはガソリンを入れる

11:00

目的地に向け出発

首都高に乗り千葉へ向かう

毎年、もう10年位、

この時季に花摘みをしている

千葉には花摘み畑がある

12:50

海ほたるで休憩

有名なメロンパン等のパンを買い込む

13:45

車で移動

持参したおにぎりと先程海ほたるで買ったパンで昼食

15:05

「花つみの里 平左エ門の花畑」へ

毎年ここで花摘みをしている

積んだ花は父母の友人へ配る

評判が良い花摘み畑である

ここで5種類の花を10本づつ

それを5種類1本づつ束ねてもらい

紙でつつんでもらった

そのまま父母の友人へ贈る

15:55

花摘み終了

僕らは10年通っている常連

店主と写真を撮る

撮った写真はプリントアウトして贈ると思う

昼飯をまともに食べていない

飲食店で行った事があり美味しかった店を食べログで調べるが、

この時間は中休み

とりあえず帰路につき、

飛び込みで飲食店に入ろうとなる

16:20

道の駅 三芳村へ

ここでの飲食店は売り切れで終了していた

田舎の道の駅はこんなもの

残念

ちょっと土産を買う

16:45

車で移動

17:00

道の駅 富楽里へ

その2階にある飲食スペースへ

「網納屋 (あみなや)」

18時までの営業時間

ギリギリで食事が出来た

店員に

「17時25分がラストオーダーとなります。」

「煮魚や焼き魚は25分位時間がかかります。」

と言われる

家族4人だが、

父母は少食なので3品を注文

あみなや丼 1450円

Aセット 1650円

ネギトロ丼 950円

店員にそう言われたので、

煮魚焼き魚は注文しなかった

5分ほどで次々と着丼

僕が注文したのはあみなや丼

魚介は新鮮で美味しかったですが、

御飯の量が上げ底で少なかった

大盛にしなかった僕のミスです(汗)

味は悪くないです

Aセットは母姉が食べたので無評価

ネギトロ丼は父が食べ、

食べきれずに少し僕に回ってきた

父がトロがちょっと冷たいと言っていました

確かに冷凍物か?

と思わせる冷たさでした

17時30分過ぎに入ったお客さんがいて、

ラストオーダー過ぎているのに何故か通していました

よくわからん

17:45

車で帰路

運良くアクアラインもそんなに混んでなく、

順調に走れた

19:45

帰宅

後片付け

9:00

家族集合

車で出発

高速道路で目的地に向かう

10:00

保土ヶ谷パーキングエリアでトイレ休憩

10:25

車で移動

11:15

ソレイユの丘到着

菜の花が見頃と聞いて来た

まずは外から菜の花越しの観覧車

入り口の門

入園料は無料

中の施設(動物村や観覧車等の設備)を利用するのに、

料金がかかる

入り口すぐ脇に菜の花

僕らはとりあえず、

園内を見ようと入り口から一番遠くの、

幸せの鐘を目指す

幸せの鐘越しに海が見える

幸せの鐘

カップルが鍵を書い、名前を書きとめている

料金のかかる芝そりゲレンデとかボート池とか、

見どころはあります

下はソレイユガーデン

その後

売店で母姉が買い出し

ここソレイユの丘で採れた野菜や

パン工房があり、

出来たてのパンとかがある

三浦大根の太さには驚いた

12:50

ソレイユの丘を後にする

車で移動

12:55

農産物直売所すかなごっそへ

姉がチェックして来た場所

ソレイユの丘よりもふんだんに農産物がある

敷地は広くないが、

質の良い農産物があると感じた

魚も別の建物で置いている

13:25

車で移動

昼飯を食いに行く

僕が前日からチェックしていたソレイユの丘近辺の飲食店ではなく、

海産物が豊富にある三崎港の飲食店を目指している

14:05

三崎港に到着

僕は食べログで高評価の店に行きたいのだが、

家族の判断は駐車場すぐ近くにある、

以前行った店を選択する

七兵衛丸

ここは食べログでの評価は高くない

でも以前行った感想は、

海鮮丼は新鮮で美味かった記憶がある

王道!活きイキ刺身定食1500円

父が注文

メニューに、

三崎を丸ごと味わえる!

特選三崎マグロと鮮度抜群地魚の刺身!!

とある

自家製天日干しトロさば干物定食1200円

母が注文

メニューに、

脂ノリ抜群のトロさばを丁寧にさばき、天日干しにしました。

全て手作業で仕上げています

とある

三浦丼1500円大盛り100円

僕が注文

メニューに、

特選三崎まぐろのブツ

あぶったメカジキ

人気の湘南釜揚げしらす

三崎産・野菜天ぷら

地卵んお玉子焼き

三崎半島の

美味しい食材をてんこ盛り!!

とある

たれ焼き丼900円

姉が注文

メニューに、

ガッツリ食べたい方におススメ!甘辛タレで焼き肉風まぐろ丼!!

とある

食べてみる

僕が頼んだのは三浦丼

まずはあぶったメカジキ

美味いです

脂が乗ってます

まぐろのブツ

美味いです

食べ応えあります

しらすは最初はこぼれそうで食べづらかったのですが、

米の量が少なくなると食べやすくなり

かき込むように食べました

美味いです

野菜の天ぷらは無くても良かった

まずくはないが

玉子焼きも特別美味くはない

まずくはありません

ご飯大盛りはボチボチの量で、

大食いの僕でも満足出来ました

食べログでの評価は高くないこの店ですが、

美味しいと思います

それだけに三崎港で評価の高い店に行ってみたい

それは家族の都合で今回も不可能でしたが、

いつかはチャレンジしていです

今日も三崎港の海産物には大満足です

14:50

店を出る

隣接する海産物売り場、

うらりで母姉が買い出し

15:10

帰路に

車で移動

17:45

帰宅

後片付け

9:13

車で出発

権現堂を目指す

高速道路で目的地を目指す

社内で母の作ったおにぎりで朝食

9:50

蓮田パーキングエリアで休憩

10:05

車で移動

10:28

幸手権現堂に到着

まずは隣接する農産物直売所で買い出し

11:05

そして観光

水仙まつり実施中

待ち受ける水仙

まだ早い時期だからあまり期待していなかったが、

まずまずの開花状況

正直この時季他に見るものも無く、

50分の観光でさっと移動しました

11:55

車で移動

12:30

古代蓮の里に到着

この時季ここではわらアートをしていたのですが、

今年は無し

何も無し

わらアートの跡形も無し

売店の店員に質問

僕「今年はわらアートは無いのですか?」

店員「ええ、無いです」

僕「やはりお金がかかるのですか?」

店員「それもあります」

僕「もうこの先ずっと無いのですか?」

店員「いまのところやらない予定です」

非常に残念

我が家はこの時季ここのわらアートを楽しみにしていた

古代蓮の里は公園であり、

様々な花もあります

ほんの少しだけ咲いていたローバイをパチリ

13:05

車で移動

13:15

ここらに来るといつも寄るそば、うどん屋へ

蕎旬彩 ふく田

この店、

味はボチボチですが、

提供時間が非常に長い

メニューにもそう記されてある

注文が入ってから調理するそうだ

今回も提供時間約30分

僕としたことが、

メニュー名も値段も控えるのを忘れた

うる覚えで紹介

父の注文したカレー南蛮

母の注文したせいろ

僕の注文した若鶏南蛮(そば)

姉の注文した鍋焼きうどん

父の注文したカレー南蛮は、

結構な辛口と父は言った

高齢の父にはちょっと苦しい味だったので、

僕の若鶏南蛮と交換した

僕には丁度良いカレーの辛さだった

うどんを食べ終えた後、

ライスをカレーの中に入れて食べたかったが、

土日はライスの提供はしてないそうです

父は若鶏南蛮を美味しいと言ったが、

大盛りにしたため(僕が食べる予定だったため)、

最後の方はそばが伸びていたと言っていた

母の頼んだせいろは無感想

姉の頼んだ鍋焼きうどんも無感想

提供時間が長いのはネックですが、

田舎の飲食店はこんなものです

個人でやっている飲食店は特に

長いくらいで怒っていたら気が持ちません

僕が食べたカレー南蛮は美味しかったです

14:30

店を出る

車で移動

高速で帰路

15:30

三芳パーキングエリアへ

休憩

みよし縁日堂でたい焼きを購入

たい焼きプレーン 170円

味は・・

作り置きなので冷めている

羽は美味しいが冷めている

皮も美味しいが冷めている

あんこも美味しいが冷めている

寒いこの時季、

何とか熱々のたい焼きを提供できないものか!?

そう強く思いました

まぁ、パーキングエリアの飲食店で、

高望みは無理な事かもしれません

16:08

帰路に

車で移動

高速を走る

今日の高速、

ほぼ渋滞無しです

正月のピークを避けてたのが正解でした

16:45

帰宅

後片付け

このページのトップヘ